TGIF Learning | English×Programming×What's next!?

TGIF Learning | English×Programming×What's next!?

- Thanks God It's Friday -
金曜日の夜は、「学び」の時間にしませんか?
TGIF Learning は、「英語スキル」「プログラミングスキル」 「新しいスキル」の習得と"合体"を目指す学習ブログです。
- Thanks God It's Friday -
金曜日の夜は、「学び」の時間にしませんか?
TGIF Learning は、「英語スキル」「プログラミングスキル」 「新しいスキル」の習得と"合体"を目指す学習ブログです。

英語学習

【超便利】オンライン英会話で使える10の英語表現(日常会話でも!)

更新日:

オンライン英会話は留学前の事前勉強としてはとても有効な方法です。私が取り組んでいたころは、2つ、3つほどしかサービスがなかったのですが、現在では本当にたくさんありますね。
教材などにおいてそれぞれ特徴はあるのかもしれませんが、どのサービスを選んでも、教師のほとんどはフィリピン人になりますし(プランによってはネイティブもあるようです)、講師によって当たり外れや会う合わないも必ずあるので、あまり目くじらをたてなくてよいのではないでしょうか?

オンライン英会話を始めた当初は、それは悲惨でした。。
聞き取れない、という問題も大いにありましたが、言いたいことが言えないというのが、何よりも大きな悩みでした。感じの良い講師から、色々と質問を受けたり、意見を求められることがあるので、たくさん伝えたいことがあったのですが、それを「何て英語で言えるのか」がとにかく分からなかったのです。

僕は、そうして上手く言えなかった発言は日本語のままメモを残しておき、レッスン後に調べて、何度も音読しました。
そして、この積み重ねを通して、渡航前にはかなりのスピーキング能力を得ることが出来ました。

オンライン英会話に取り組む際は、是非バインダーに紙を挟み、分からなかった英語、うまく言えなかった発言をしっかり復習するようにすると、きっと1か月で効果が表れるでしょう。

今回はそのオンライン英会話において非常に”使える”英語表現を紹介します。オンライン英会話とは、とにかく質問されるので、それに答え、こちらからも質問を重ねる時間です。

つまり、質問に答えるために、そして質問するために必要かつ便利な英語表現を紹介するということです。

それではスタート!

① ○○ってどういう意味?
What does ○○ mean?

ダイアログを講師と読み終えると、分からない英語はあるかと質問されます。そんなときにこの表現が使えます。講師の発言で意味を知らない英語が出てきたときも「聞き取れた音」とこの表現を使って質問することが出来ます。

例えば、講師が発言した「initially」という単語が分からなかったとしましょう。そしたら

Sorry, what does イニシャリ― mean? The word just you said...
(すみません、イニシャリーてどういう意味ですか?ちょうど先生が言った言葉なんですけど。。。)

と、こんな感じに言えるでしょう。


② AとBは何が違うの?
What's the difference between A and B?

似ている英単語は勉強すればするほど遭遇するはずです。日本語で訳されると同じなのに、場面や条件によって、使う英単語はよく変わります。例えば「speak」「talk」は何が違うのと思ったら

What's the difference between speak and talk?

と言うことが出来ます。


③ もう一度言ってくれますか?
Can you say again, please?

海外で働いていた時、「please」は魔法の言葉だと同僚が教えてくれました。加えるだけで、より「お願いしている風」に聞こえるらしいですね。
とは言え、レッスンではあまり丁寧になりすぎる必要はありません。一般的に英語コミュニ-ケーションにおいて日本人に足りていないのは礼儀ではなく、親しみ易さだと思います。楽しくレッスンに参加できることを目指しましょう。


④ ~てことですか?
Do you mean ~?

この英語は最もよく使っている1つかもしれません。相手に何かを確認したい時に使えます。あまり細かく文法や時制を考える必要はなく~の部分に確認したい内容を入れればオーケーです。

Do you mean read the whole dialogue first?
(先に会話文を全て読む、ってことですか?)


⑤ 大丈夫です。
That's all good.

質問はあるか、理解できているか、など講師は逐一訪ねてくれます。色々言い方はあるでしょうが、NOの一言だけでは少しぶっきらぼうですので、これを使ってみて下さい。

Do you have any other question?
(他に質問はありますか?)

No, that's all good.Thank you.
(いいえ、大丈夫です。ありがとう。)

It's ok というのもよく使います。


⑥ ほんとに?
Really?

皆さんご存知のこの英語。本当に良く使います。とりあえず、reallyで1リアクション入れとくべ、て感じでもいいぐらいです。

ただ、really のあと何か発言を続けられると、より会話が盛り上がると思います。

Really?  I've never heard that.
(ほんとに?それは聞いたことないや」

Really? That's too bad.
(ほんとに?それは不運だね)

Really? But why?
(ほんとに?でも何で?)


⑦ なんて言えばいいのか。。
How can I say... / How can I explain...

何て言えば、何て説明すればよいか分からん、ちょっと考えないと!!

そんな時間稼ぎにうってつけの一言。日本の文化や生活を英語で分かりやすく説明するのはいつだって大変です。。。

How can I say... It's hard to explain.
(なんて言えばいいのか。。。説明するのが難しいんですが)

この一言を添えて、なんとか伝える努力をしましょう。その苦労があなたのスピーキング能力を向上させてくれます。


⑧ はじめに・そもそも
First of all

順を追って話す、というのは会話において重要です。日本語でも同じですよね。話や説明が上手い人は、構造的に話すことが出来る人です。幾つの内容をどのような順番で話すか?これを考えて話せる人の話は聞いていてすっと入ってきます。慣れている日本語の会話と違い、英会話ではシンプルに整理して話すことがより大切です。

First of all, there are many convenience stores in Japan. They sell liquor.
(そもそも、日本にはコンビニがたくさんあって、お酒を売っているんだ。)


⑨ ~ですよね?
~ right?

これも同じように確認の表現として使える便利な英語です。相手の発言を正確に理解するには欠かせません。

That's Natto, right?
(納豆ですね?)

You mean you're  a freelancer, right?
(あなたはフリーランスってことですね?)


⑩ たとえば
For example

例えを出すのは、説明するにあたって大切です。講師から意見を求められたときは、例えを使って自分の意見を述べるとよいでしょう。

I don't think so. Because... for example we need ID to sign up for the same service.
(そうは思いません。なぜなら、、、例えば同じサービスに登録するのに身分証が必要です。)


どうでしょうか??
上記で紹介した英語表現はオンライン英会話だけでなく、海外での日常会話でもバンバン使える英語です。

冒頭にて「オンライン英会話とは、とにかく質問されるので、それに答え、こちらからも質問を重ねる時間です。」と述べましたが、考えてみれば日常会話も質問と回答、そこにリアクションが加わって、繰り返されるだけです。

英会話をする上で、レスポンスの遅さ、瞬発力のなさに悩む学習者は多いでしょう。今回紹介した英語のように、汎用性が高く、頻繁に使う英語を先に覚えていくと効率的にスピーキング能力を向上させられると思います!

他の表現、英会話のコツなどは是非こちらをチェックしてみて下さい!

-英語学習
-, ,

Copyright© TGIF Learning | English×Programming×What's next!? , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.