TGIF Learning | English×Programming×What's next!?

TGIF Learning | English×Programming×What's next!?

- Thanks God It's Friday -
金曜日の夜は、「学び」の時間にしませんか?
TGIF Learning は、「英語スキル」「プログラミングスキル」 「新しいスキル」の習得と"合体"を目指す学習ブログです。
- Thanks God It's Friday -
金曜日の夜は、「学び」の時間にしませんか?
TGIF Learning は、「英語スキル」「プログラミングスキル」 「新しいスキル」の習得と"合体"を目指す学習ブログです。

英語学習

英会話学習で優先すべきはスピーキングである理由。その1

更新日:

私は英語を話せるようになりたい人が、優先してはじめに取り組むべきは 「スピーキング」 のトレー二ングである

と考えています。「会話にはリスニング能力だって重要じゃないか」 と思われた方もいるでしょう。もちろん、英会話においてリスニング能力は欠かせません。しかし、リスニング能力の向上には時間と経験が多く必要とされます。

まず、知らない英語はどんなに耳を凝らしても聞き取れませんよね。

しかし、仮に知っている英語であっても、話者によっては聞き取りが難しくなります。なぜなら、今や国際語としての英語は多くの国の人々に利用され、それぞれが独特の発音で英語を話すことが多いからです。正確な発音で作られる英語教材をたくさん聞いても、海外で本当に必要とされるリスニング力を鍛えるのは難しいのです。本物のリスニング能力を向上させるにはとにかく現場で会話することが求められ、年単位でのトレー二ングが必要となるでしょう。

一方、スピーキングに関しては、使う単語も構文も、話す速度も自分で決めることが出来ます。自分の知りうる語彙で、自分のペースで話せるわけです。

そして、何よりもスピーキング能力には、鍛えるのが難しいリスニング能力を補う働きがあります。私を含む英会話学習者にとって、相手の発言を一回聞いて全て理解することは簡単ではありません。そこで、必要となるのがスピーキング能力の1つ、推測です。

相手の発言内容を推測し、質問し、確信に変えていくことで相手の発言を能動的に理解出来るようになります。実は、これこそがリスニング能力の不足を補ってくれます。

では、スピーキング能力を優先的に向上させるとして、一体どのようにトレー二ングしていけば良いのでしょうか? スピーキング能力は、学校英語で身に付くものでも、TOEIC対策で身に付くものでもありません。しかし、スピーキングはトレー二ング次第で短期間かつ大幅に向上させることが可能です。私は、次の2つの方法を同時進行させることがベストであると考えています。

① 中学英語で習う全ての構文を使いこなせるようにする。
② 会話のための英語表現を使えるようにする。

この①に関して、面白い記事がありました。

「僕がおごるよ」はネイティブの口語でIt's on me. だけど、教科書で習った型を使ってI'll pay for you. と言えば、それがネイティブ流ではなくても100%意味は通じる。そういう英語を作るには中3までのオーソドックスな文型とよく使う単語を覚えていれば困らない。僕はイタリア語が専門ですが、留学当初は全然話せなかった。だけどイタリア語の型を身に付け単語も知っていたから、3週間後には会話に困らなくなった。いつまで経っても英語ができないのは、文法力・語彙力不足の2つが根本原因なんです。

- 「使える英語」を学ぶと英語力は伸びない
TOEIC重視の英語教育の弊害とは?

英会話、引いては英語そのものを習得していくには、「型」のマスターが欠かせません。そしてその型は、いわゆる5W1Hや5文型などの、中学校の英語科目で習う文法が大半なのです。

では、②の「会話のための英語表現を使えるようにする。」とはどいうことでしょうか?

英会話学習で優先すべきはスピーキング、である理由。その2 へ続く。

-英語学習
-, ,

Copyright© TGIF Learning | English×Programming×What's next!? , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.