TGIF Learning | English×Programming×What's next!?

TGIF Learning | English×Programming×What's next!?

- Thanks God It's Friday -
金曜日の夜は、「学び」の時間にしませんか?
TGIF Learning は、「英語スキル」「プログラミングスキル」 「新しいスキル」の習得と"合体"を目指す学習ブログです。
- Thanks God It's Friday -
金曜日の夜は、「学び」の時間にしませんか?
TGIF Learning は、「英語スキル」「プログラミングスキル」 「新しいスキル」の習得と"合体"を目指す学習ブログです。

英語学習

英会話学習で優先すべきはスピーキングである理由。その2

更新日:

前回、中学校英語で習う内容が、英会話における大きなベースであることについて考えてみました。

そして、英会話を上達させるために、中学英語と一緒に習得しなければならないのが、会話のための英語表現です。

会話のための英語表現とは、簡単に言うと「英会話で頻出かつ便利な英語表現」です。

 

何も難しいことはありません。まずは、普段の私たちの日常会話をよく思い出してみて、どのような発言があるかを考えてみましょう。

例えば、(この「例えば」もよく使いますよね!)

「えーと」 や 「うんうん」 「へー」 などの相槌がありますね。

「まじ?」 「ほんとに?」 などの反応する発言

「つまり。。」 などの確認する発言

「なんて言うか。。」 などの曖昧にする発言

「~てこと?」などの聞き返す発言

などなど、ざっと挙げてみました。

上記のような発言は日本語の会話だけでなく、英会話でも本当に日常的に使われます。

では皆さん、これらを英語で言えますか?

答えられる人は、すでに英会話を経験した方ではないかと思います。

一方、答えられない人は学校で英語を学んできただけの方ではないでしょうか??

こうした英会話に必要な表現は学校では教えてはくれません。語彙のレベルは中学校レベルであるのに、会話に焦点をおかない学校英語では教わる機会が無いのです。

 

普段私たちはどのような発言をして、会話を成り立たせているか?
常にこれを意識し、英語ではどう言えるかを調べて、訓練する。

この習慣が、留学前の渡航前学習などでは非常に重要であり、最も効率的な方法です。

拙著 英語を”宝物”に変えた大学生の「私はこうやって話せるようになりました」は、会話のための英語表現の中から、さらに使えるものを選んで、トレー二ングできるようにしています。

海外留学の成功の可否は、事前学習が7割です。
そして、事前学習でスピーキングを一定のレベルまで上げておかなければ、渡航後は間違いなく「しんどい」です

ぜひ今の学習方法を見直してみて下さい!

-英語学習
-, ,

Copyright© TGIF Learning | English×Programming×What's next!? , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.