TGIF Learning | English×Programming×What's next!?

TGIF Learning | English×Programming×What's next!?

- Thanks God It's Friday -
金曜日の夜は、「学び」の時間にしませんか?
TGIF Learning は、「英語スキル」「プログラミングスキル」 「新しいスキル」の習得と"合体"を目指す学習ブログです。
- Thanks God It's Friday -
金曜日の夜は、「学び」の時間にしませんか?
TGIF Learning は、「英語スキル」「プログラミングスキル」 「新しいスキル」の習得と"合体"を目指す学習ブログです。

留学ワーホリ体験記

ワーホリ・ワークライフ⑥ ~ついに仕事始めます。~

更新日:

彼が経営している携帯電話ショップは、リゾート街にあります。そのエリアにももちろん履歴書は配っていましたが、たまたま通らなかったアベニューにあったので気付きませんでした。 テニスの翌日にお店を見に来るように言われたので、緊張しながらも訪れました。

携帯電話、主にスマートフォンの販売・買い取り・修理を営んでいるこのお店では、彼以外に韓国人とチリ人のスタッフが働いていました。とても優しく迎えてくれて、とても仕事が出来そうな印象を受けました。そして、何より「英語が上手い!」と感じました。 お店は忙しそうで、フレンドリーで陽気な社長もいつもと違って、キビキビ働いていました。 何もかもが英語でお店を飛び交います。

「うわー、俺無理かも。。」

自分の英語の「瞬発力」では、ついていける自信がありませんでした。 チリ人と韓国人の彼らも英語でバリバリ接客し、電話し、互いにコミュニケーションを取って仕事をしています。情けないのですが、その時は食器屋で週3日英語環境で働くのが、自分に合ってるのではないか思ってしまいました。

待遇はというと、時給10$、当時は900円くらいですかね。オーストラリアではあり得ない位の薄給です。しかし、自分のスキルアップと成長次第で給料は上げていくと言われました。勤務体系は、フルタイムで月曜から金曜まで、朝9時から17時まで働いて良いそうです。

彼はとても積極的に僕を誘ってくれていました。正直どうしてここまで熱心に口説いてくれていたのかは今でも分かりません。奥さんが日本人なので、少なくとも日本人への印象は良いのかもしれません。

ちなみに彼は、すぐ日本人の女性を見つけると変な日本語で話しかけます。簡単に言うと、とても積極的でチャラい人です。いきなり日本語で話しかけてくる外国人は危ない、というのが海外渡航では常識ですが、まさにこれに当てはまりますね。まぁ、この時僕が見えていたのは、彼のほんの1部分でしたが。。。

最後までここで働けとしつこく詰められました。「なぜここで働かないのか?」「理由はなんだ?」「ここで働いた方がよい」
彼にはとにかく考えさせてほしいと告げて、お店を出ました。

食器屋は時給15$なので、どこか他のバイトと掛け持ちをすればそれなりにお金は稼げそうだな。。。

携帯屋はお金は厳しいけど、圧倒的に英語を鍛えられる環境がありそうだし。。。

僕は迷っているフリをしていましたが、心の奥底では既に答えは出ていました。「英語を話せるようになるために」僕はオーストラリアにやってきました。この目標に向けて、事前に猛勉強し、しょうもない日本人との交流は避け、約1か月履歴書を配り歩いてきました。

お金なんて節約すればいい! 勇気を出して、「目標」に向けて飛び込もう!

携帯電話ショップでの勤務を決意しました。
そして、ついに約1か月に渡る仕事探しはここで終わりを迎えました。

まとめ

  • 今思うと、仕事探しを救ってくれたのは10年間自分なりに頑張ってきたソフトテニスでした。じゃなきゃテニスを教えることなんてなかっただろうし、ボスとの出会いもありませんでした。人生ではじめて、点と点が繋がったような経験でした。
  • 渡航前に英語である程度会話が出来るようになっておいて本当に良かったです。英会話に自信がなさすぎたら、きっとここまで大胆に行動出来ていなったと思います。オーストラリアにいても、英語がほとんど話せない日本人はたくさんいます。自分も高いレベルではなかったし、今でもそうですが、やはり少し出来るだけでも「おっ!」という反応をしてくれます。それくらい
    「日本人は英語できない」が外国の印象なのです。これは、他の国に行ったときでもそうでした。
  • 僕の仕事探しの方法はあまり効率的ではなかったかもしれません。オーストラリアでは人脈と情報が重要だと以前言いました。語学学校にいる内に、できる限り人脈を広げて、仕事が欲しい、と周りに言っておくと良い機会を得られかもしれません。実際に語学学校の友人の知り合いで仕事を手に入れている方もいました。また、お金が心配ならとりあえず「働きやすそうな日本人店」で仕事をしながら、ローカルジョブ探しをするのも全然アリだと思います。僕は変な意地からそうはしませんでしたが。。。

次回から、ローカルジョブ奮闘記 in Ausを連載します。
実際に携帯ショップで働き始めてからの、僕の奮闘ぶりとてんてこ舞いぶりを楽しみにしていてください。
本ブログの投稿や連載が、少しでも読者様のお役にたっていれば幸いです。

目次

ワーホリ・ワークライフ① ~そもそもワーホリって何だ?編~
ワーホリ・ワークライフ② ~困惑の仕事探し編~
ワーホリ・ワークライフ③ ~根性の履歴所配り編~
ワーホリ・ワークライフ④ ~焦燥と葛藤~
ワーホリ・ワークライフ⑤ ~待ち望んだローカルジョブ~
ワーホリ・ワークライフ⑥ ~ついに仕事始めます。~

-留学ワーホリ体験記
-, , ,

Copyright© TGIF Learning | English×Programming×What's next!? , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.