TGIF Learning | English×Programming×What's next!?

TGIF Learning | English×Programming×What's next!?

- Thanks God It's Friday -
金曜日の夜は、「学び」の時間にしませんか?
TGIF Learning は、「英語スキル」「プログラミングスキル」 「新しいスキル」の習得と"合体"を目指す学習ブログです。
- Thanks God It's Friday -
金曜日の夜は、「学び」の時間にしませんか?
TGIF Learning は、「英語スキル」「プログラミングスキル」 「新しいスキル」の習得と"合体"を目指す学習ブログです。

英語学習

How are you? I'm fine thank you は使わない!?

更新日:

学校英語で一番はじめに習う挨拶に 「I'm fine thank you and you?」 があると思います。

しかしこの英語表現、実際はこのまんま使われることはほとんどありません。

私が海外に居た際にも、この発言をする外国人には出会わなかったと思います。つまり、不自然な英語なんですね。

英語の挨拶は、話者の性格やそのときの状況で多様に変わります。普通に機嫌が良ければ「Great!」良くなければ「I'm ok」なんかが使われます。

滞在中、最もよく聞いたのが「Good thanks」でした。かなり短い発言に感じるでしょうが、「I'm fine thank you and you?」よりはよっぽど自然なんですね。

英語の挨拶に関連する面白い記事を見つけましたので紹介します。

日本人が英語の成績が良くても話せないワケ

この記事が訴えていることの1つは、学校の英語教育では「活きた英会話」を身につけられない、ということです。
英語以外の授業では、日本語で自由に意見を述べたり、感想を話しあう機会が設けられます。(十分ではないと思いますが)
しかし、英語の授業では自由に発信し合う機会が少なかったり、あるいは真剣に実施されていないように感じます。生徒同士が英語で話しあうのはどうも恥ずかしいですしね。

しかし、この「恥ずかしさ」を超えて、拙い英語でも堂々と話せるようになることが、英会話習得の第一歩だと個人的には思います。
間違ってもいいから、ジェスチャーを使ってもいいから、何とか伝えようとする情熱。これがあるから、自然で実用的な英語を学ぼう、というモチベーションに繋がるのだと思います。自らの英語の酷さを直視することから全ては始まります。

実用的な英会話習得に向けての学習態度や姿勢などに関する持論は、著書でより詳しく綴っております。興味のある方は是非、アマゾンで無料サンプルだけでも読んでみてください!

 

 

 

 

-英語学習
-

Copyright© TGIF Learning | English×Programming×What's next!? , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.