TGIF Learning | English×Programming×What's next!?

TGIF Learning | English×Programming×What's next!?

- Thanks God It's Friday -
金曜日の夜は、「学び」の時間にしませんか?
TGIF Learning は、「英語スキル」「プログラミングスキル」 「新しいスキル」の習得と"合体"を目指す学習ブログです。
- Thanks God It's Friday -
金曜日の夜は、「学び」の時間にしませんか?
TGIF Learning は、「英語スキル」「プログラミングスキル」 「新しいスキル」の習得と"合体"を目指す学習ブログです。

就活・休学

就活か休活か?

更新日:

4年間で大学を卒業しなきゃいけないという風潮は最近かなり薄くなってきたなと感じています。膨大な時間を自分の関心のあることに注ぐことができる日本の大学生活では、やり残すことがないようにとにかく積極的に行動に出るべきだと思います。

今回のテーマは、就職活動をせずに留学、ワーキングホリデー又は海外放浪などに行くことの意義について書いてみます。
私は大学4年生と5年生を休学して、オーストラリアにて留学とワーキングホリデーを行いました。はじめは、大学に行こうと考えていたのですが、途中で現地の携帯電話会社で仕事を見つけて、進学ではなく、仕事の道を選びました。結果、大学卒業は通常の学生より2年長く掛かってしまいましたが、この経験が明らかに自分の「英語」「価値感」「自信」「人生」を変えたなと強く思います。就職後に他より2歳年上になることも、まわりの友達が既に働き始めていることも、全く気になりませんでした。それだけ、自分の「休活」に誇り持っています。

休学をして」海外へ飛び立つことのメリット

1. とにかく自由に行動できる

大学の留学プログラムだと、渡航する地域も現地で学ぶことも自分では決められないことがほとんどでしょう。しかし、大学の制度を使わない海外渡航であれば、場所も期間も内容もとにかく自由です。私が休学を選んだ最も大きな理由もこれです。好奇心と行動力を備えている人には、ここはかなり魅力的な点ではないでしょうか?

 

2. 人と違う経験がしやすい。


海外長期留学で英語を使って、1つの専攻をさらに極めるというのもきっと間違いなく、面白く、特別な経験になると思います。しかし、勉強嫌い(正確には興味のないことを覚えるのが嫌い)かつ、人と同じが嫌いな私は、英語を使って独特な経験を積みたいと思っていました。
そして実際に、仕事を探すため英文履歴書を配り歩いたり、携帯電話の販売と買い取りから、なんと修理まで覚えさせられたり、携帯電話の転売で稼いだりと、私の滞在記には本当におもしろエピソードが満載です。

 

 

 

 

休学をして」海外へ飛び立つことのデメリット

 

1. お金が掛かりやすい。


最近では、留学費などを支援してくれる国の制度が増えて来ました。しかし、休学で海外渡航を目論む学生にお金のサポートをしてくれる大学は中々ないでしょう。大学としては、有している留学制度を使って欲しいですしね。
しかし、半年くらい事前勉強とバイトに打ち込みお金を用意する、お金を親に借りる、などが可能であれば解決できる問題でしょう。また、渡航先でバイトをするというのも、良い方法ではないでしょうか?なんにせよ、お金を自分の力で用意して、望む海外経験は、あなたに「覚悟」と、良い意味での「危機感」を与えてくれるでしょう。

 

2. 遊びほうけてしまい、有意義な成果を得ることなく帰国する。


自由である、ということは「誰も目的を与えてくれない」ということです。渡航地域によっては、日本人が沢山いるでしょうが、中にはいつまでたっても英語が話せず、いつも日本人と共に日本食レストランで集まる方々がいます。彼らを批判することは出来ません。全ては、その人次第です。しかし、仮に「英語を話せるようなりたい」という目標があなたにあるのなら、このような行動に価値があるとは思えませんよね?

 

3. 就職活動で「休学を選んだ理由」と「成果」を深く聞かれる。


正直に、企業からみて休学をして海外を選んだ人間の印象は最高ではありません。ワーキングホリデーであればなおさです。「濃い経験」と「確かな成果」がなければ、あなたが評価されることはないでしょう。しかし、上手くいけば、逆に面接官を深く関心させることもできます。「この子は面白いな」と。

まとめ 「目的」×「事前勉強」×「突き抜ける経験」

休活を成功させるために必要な要素と言われれば、「目的」「事前勉強」「突き抜ける経験」を挙げます。

「目的」
渡航前から渡航後まで、あなたを突き動かしてくれる明確な「目的」が必要です。そんなに、大そうな目的でなくて構いません。
私の場合は「英語が話せたら絶対カッコいいから、ペラペラになりたい」です。

「事前勉強」
海外渡航をする日本人に圧倒的に足りていないのが、事前勉強です。海外に行けば自然に話せるようになるなんて間違っても考えてはいけません。英語が話せないことの弱点は、現地でのあなたの行動を強く制限していき、結果的に英語が上達しません。

「突き抜ける経験」
あなたの目的に沿った大きな挑戦をすることは、非常に成長に繋がります。言葉や習慣が通じない中で目的を達するために、突き抜けて行動するには、勇気が必要ですし、大変な苦労をするかもしれません。
しかし、考えてみればたった1年や2年での経験。よそ者のあなたが、どんな失敗をしても、努力をしても、誰も気にしたりはしません。海外に行って高まるであろうあなたの体温とエネルギーを、目的達成のために全力注入してみてください。

就活か休学か?
迷っているのなら、思いを馳せているのなら、やってしまいましょう「休活」!!
厳しいことも言ってしまったかもしれませんが、
海外経験は、それがどのようなものであれ、人生にプラスにならないわけがないですよ!!

 

-就活・休学
-, ,

Copyright© TGIF Learning | English×Programming×What's next!? , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.